#1 confluenceのページ単位のデータ整理について

テックチームの池田です。
最近当社で使っているconfluenceの整備を始めていて、
まずは余り使っていないデータを整理(非表示に)しよう、ということで(以下過程を纏めたようなブログになっていて恐縮です…)ブログを書かせて頂きました!

まず現段階として以下いずれかの方法でページの非表示(削除)を行うのが良いのではないかと考えています

  1. 削除前にwordでのページエクスポート
  2. 非表示ページ用ユーザに非表示ページを全て渡す
    (confluenceの仕様上非表示ページも1人は見れる状態にしておく必要がある)

今はそう使われていないページは検索結果の上位に出したくはない、
だからページを非表示にする1つの手段として当初はxml形式でのエクスポート後削除を考えていました。(削除をしたとしてもロールバックできるようにするため、スペース(ページ)を復元できる「スペースのインポート」という機能を検討していましたが、これでページ単位(もっと言うとスペース単位)の復元が思うようにできないので今はこの方法は余り検討していません)

xml復元の課題

スペースにはキーを設定できるが、それが既存のキーと重複しているとインポートに失敗します。
また本来下記のようにカスタムエクスポートでページ単位でエクスポートできる筈なのに、
当社で一番使われているスペースでは、このカスタムエクスポートが使えないのも頂けません。

既存のキーを変えれば良いのかもしれないと考えましたが、これはconfluenceの仕様上既存キーの変更ができない。後は他にxml形式で試せることとしてはエクスポートされたファイル側のキーを変えるかこうしたツールでできないか試しみることもできるかとは思うが果たして。
xmlはワード形式のインポートとは違いレイアウトが崩れないので削除前のデータ退避としては、これが良いと当初は考えていたのですが…

今後のページの整備(非表示、削除等については)
一先ずxml形式はおいておき、上記1、2の方法のどちらかでconfluenceの整備を進めていきたいと考えています。(またconfluenceについては引き続きブログか何かへ書いていければと思います。データの非表示だけではなくデータ構造をどう表すか等々考慮できることは他にもある)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする