第1回 開発合宿を行いました。

こんにちは。

クーコム株式会社でCTOをやっております三浦といいます。

今回は、先月の週末に、クーコム社員4名で開発合宿を行いましたので、その内容をレポートしたいと思います。

開発合宿の目的

現在、クーコムでは、システムのリニューアルを実施中です。

ただ、今回のシステムリニューアルでは、サーバサイドのフレームワークやミドルウェアのアップデートに留まっており、根本的なアーキテクチャの変更や、フロントエンドはのモダン化については一旦見送る形になっています。

とはいえ、こういった新しい技術を無視するわけにも行きません。もうこういった技術は一般化しており、弊社もどうにかこの流れに追いついて行かないと行けないと思っています。

ということで、

・モダン化するフロントエンド技術を学ぶ(具体的にはVue.js + Nuxt.js + Vuetify

・サービスの完全サーバレス化(CloudFront / S3 / API Gateway / Lambda / DynamoDB )

・自動電話応答技術を使う(AWS Connect )

といった技術を使ったWebアプリケーションを作ってみることにしました。

事前準備

弊社は トクー!( https://www.tocoo.jp/ ) という宿泊予約サイトを運営しております。

合宿で使用させていただく宿も弊社サービスに加盟いただいている宿の中から選ばせていただきました。

今回はマホロバ・マインズ三浦 ( https://www.tocoo.jp/detail/4003364 ) さんにお願いいたしました。

開発合宿ということで、プロジェクターが使えて、会議もできる部屋をお願いさせていただきました。

また、宿までの交通手段ですが、トクー!ではレンタカーの予約サービスも行っております。

今回は、会社からほど近い 日産レンタカー恵比寿駅前店https://www2.tocoo.jp/jp/office/detail?office_id=3320 ) でレンタカーを借りて行くことにしました。

スケジュール

今回は、金曜日の退勤後にレンタカーで宿まで移動し、そこで1泊して土曜日の午後まで宿で開発をしながら過ごし、その後都内までレンタカーを返しに行くという予定でした。

当日の流れ

 レンタカーを借りました。

 さあ出発です。

 雨の夜のドライブもいいものです。

  マホロバマインズに着きました!

部屋はこんなに広い!

 プロジェクターも設置してもらっていました。

今回のバリューストリームマップ

 開発開始です。

 もくもくと作業しています。

 空が白んできました。

 一旦、形が見えてきたのでお風呂に行きました。

 お昼はお寿司を食べて解散です。

 お寿司、おいしかったです。

おわりに

今回、クーコムとして始めて開発合宿を行いましたが、無事合宿を終えることができました。

マホロバ・マインズ三浦 の皆さん、大変お世話になりました。

金曜日の夜から土曜日の午後までという、ちょっと短い時間だったのですが、充実した開発体験を得ることができました。

今後も、テーマややり方は、ちょっとずつ変更すると思いますが、よりよい開発環境を作るために、定期的に実施したいと思っています。

クーコム株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

クーコム株式会社(Wantedly)

フロントエンドエンジニア

プロジェクトマネージャー

Webエンジニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする