AWS Summit2019 に参加

クーコムの朴です。

2019 年 6 月 12 日 (水) 〜14 日 (金) | 幕張メッセで開催 !のAWS Summit TOKYO に参加しました。

■聞いたセッショ

技術セッション|コンピューティング/Windows/HPC|ネットワーク|セキュリティとコンプライアンス|ストレージ【入門】AWSsome Day at ToKyo Summit(半日)

■講師

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

エヴァンジェリスト
亀田 治伸

テクニカルトレーナー
佐藤 礼

テクニカルトレーナー
山田 裕進

■セッション内容

  • オープニング:はじめての AWS ~初級者から中級者への道筋。クラウドアーキテクチャの理解を深める~
  • AWS のグローバルインフラストラクチャとネットワークおよびコンピューティング
  • ストレージとデータベース
  • Well-Architected Framework と料金の話
  • クロージング:クラウド時代の学習スタイル。 エンジニア主体のビジネス価値創出をめざして

EC2

インスタンスの作成手順をデモしながら、教えて頂き、理解を含めることができました。

  1. Amazon EC2 インスタンス作成
    1. Step1: Amazon マシンイメージ (AMI)
    2. Step2: インスタンスタイプの選択
    3. Step3: インスタンスの詳細の設定
    4. Step4: ストレージの追加
    5. Amazon EBS(Amazon Elastic Block Storage)
    6. Step5: タグの追加
    7. Step6: セキュリティグループの設定
    8. Step7: インスタンス作成の確認
    9. キーペアの作成
  2. インスタンス作成完了
  3. SSHで接続してみる

S3

セッション参加前には単なるファイルの保存機能として使用しているとの認識でした。

本セッションを通して、色んな機能として使われていることを分かってました。

静的Webサイトホスティン、集計結果CSVをデータベースに取り込み、等々の機能としても使われているのも深く理解できてました。

RDS

提供しているのはAmazon Aurora、MySQL、PostgreSQL、MariaDB、Oracle、SQL Serverが対応していて、データベース作成についてもデモして頂き、理解し易いでした。スナップショットについても説明して頂き、理解を含めました。

セキュリティ

VPCのネットワーク制御とアカウント(ユーザー)について講演して貰いました。

IAMでロールやアクセス権管理、アクセスキー、パスワード、多要素認証デバイスを割り当てることでセキュリティ面を担保しることを学ぶことが出来ました。

もっと詳しいのIAMは説明サイトを参考することもできます。

rootユーザーではなく、スイッチロールユーザーを作成して、管理すること。

費用

  • 全額前払い
  • 一部前払い
  • 前払い

によって、料金が違っており、自分に合った料金プランを選択して使用することでした。

受講中撮った写真があるのでUPします。

上記セッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができたと思います。

また、技術的な面だけではなく、AWSを使っていただく際の肝となる考え方を身につだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする