やめられない止められない。VSCode。~踏み台越しにファイルを操作する~

こんにちは
クーコムの大越です。

皆さんプログラミングにはどのエディタを使っていますか?

弊社、クーコムでは十人十色という言葉にふさわしくみんな別々のエディターを使っておりカオスな状態になっております。
※eclipseから始まりVimまで。。。

ちなみに僕が初めてプログラム言語に触った時に使ったのが、TeraPadでした。
当時は専門学生で、学校の方針に「手で書いて関数を覚えなさい」という謎方針があったので、補完機能がついているテキストエディタはすべて禁止されておりJavaやC言語などをTeraPadでひたすら書き、毎日構文エラーに悩まさる日々を送っておりました。

そこから社会人となりeclipse、Visual Studio、AndroidStudio、PyCharm、Sublime、Atomなどなど、本当にいろいろなエディターたちとお付き合いさせていただきました。

そして僕は出会ったのです、この神エディタ「VSCode」に。。。

VSCodeとは

Visual Studio Codeソースコードエディタである。マイクロソフトにより開発され、WindowsLinuxmacOS上で動作する[5]デバッグGitクライアントの統合、シンタックスハイライトインテリセンススニペットリファクタリングなどの機能を持つ。カスタマイズもでき、利用者はエディタのテーマキーボードショートカット等を変更できる。

Visual Studio
CodeはElectron[6]フレームワークを使用しており、Node.jsを使ったBlinkで描画されるデスクトップアプリケーションである。なお、Electronを使用したテキストエディタとしてAtomが有名であるが、そこからの派生ではなく、Visual Studio
Online
のエディタ(コードネーム
“Monaco”)が基になっている[7]。また、Visual
Studio
とは名称に共通点があり、使われている技術にも共有されている部分があるものの、直接的な派生関係は無い[8]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」より - https://ja.wikipedia.org/wiki/Visual_Studio_Code

僕が気に入っているところ

1からあげるときりがないですが特に気に入っているところは

  • メニューが2段階に分かれておりまず左端にある4つのアイコンからまずは選択し(増やすのも可)それに応じて左メニューが変更されるという今まで見たことないデザイン
  • 拡張機能を追加しても重くなりにくい!(Atomは本当に重かった。。。)
  • 開発が頻繁に行われておりバグ等がすぐに解消される
  • Gitクライアントが標準装備(僕はSouceTreeを使ってるけど。。。)

大まかにはこんな感じです。

僕が入れている拡張機能

言語系

ファイル系

エディター系

環境系

  • GitLens — Git supercharged
  • Git管理されているファイルを開き気になる行にマウスを合わせるとその行を編集した最終コミット情報を見れる

  • Japanese Language Pack for Visual Studio Code

  • VSCodeの日本語化
  • VSCodeインストールするとまずこれをインストールするように勧めてくる

  • Material Icon Theme

  • ファイルアイコンをかっこよくしてくれる

  • Settings Sync

  • GithubのgistにVScodeの設定ファイルをアップロードしたりしてくれるので会社のPCと自宅のPCのVSCodeを同じ状態にしてくれる

  • SSH FS

  • リモート先のファイルをいじることができる

  • Vagrant

  • VagrantコマンドをVSCodeから実行できる

踏み台経由でSSHFSを使う方法

さてそれでは本題のSSHFSのプラグインを利用して踏み台サーバ越しにファイルを操作する方法に入ります。

  1. まずはSSH FSをVSCodeにインストールする

  2. インストールするとファイルメニューの下部に「SSH FILESYSATEMS」という場所が追加される

  3. 何もないところで右クリックし「Create a SSH FS configuration」を選ぶ

  4. 設定ファイルのファイル名を決める

  5. 踏み台サーバの設定を書き込む

  6. hopを追加して踏み台サーバーとして使うサーバー名を書き込む

  7. proxyオブジェクトを使うと踏み台サーバーへの接続設定を作ることなく接続することができそう

  8. Labelで設定した値で項目が追加されているので右クリックしてConnectで接続することができる

こんな感じです。
初めはユーザーディレクトリ以下の.ssh/sshd_configをよんでくれるように設定したくてGitHubのSchoofsKelvin/vscode-sshfsリポジトリのソースを見てたらhopとかproxyとかも読み込めるようになっていたのでこの記事を書いてみようと思った次第です。
issueてきにはここらへんでサポートされたみたいですね

この記事で誰かの役に立てれば幸いです。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする