友人のPCを自作してみた

こんにちは、クーコムの大越です。

今回は友人から「嫁にクリスマスプレゼントとしてPCをプレゼントしたい!」と言われたのでその作成過程を記事にしたいと思います。

友人の要望としては
・最近のゲームがそこそこ動く
・動画編集や絵も書ける
・予算としては13万前後で
・GPUは古いPCからはぎ取ればOK
ということでした。

しかしBTOや既製品ではそこそこ大きなPCケース&GPUを積んでいないPCが売っていないので自作することになりました。

完成図

部品一覧

まずは今回組み立てる部品一覧です。
特徴としてはSSDを導入していないこと!&Intel Optaneを導入したこと!

SSDは確かに早いし入れたかったんですが想定している利用者がCドライブとDドライブの意味が分かっておらず、データを全部SSDに突っ込みかねないかつ、動画編集や絵をかいたりするらしいのでSSDを今回は見送りました。

しかし、HDDだけでは今どきのゲームじゃ役不足、、、

そこでIntel Optaneの出番です。

僕自身このパーツは初めてなので実際どの程度早くなるのか、体感できるほどなのか、など全くの未知数ですが、「入れないよりはいいんじゃね?(自分のお金じゃないし)」ということで入れてみました

※Optaneについては↓こちらの記事で詳しく書かれています。
Optane Memoryのちょい足しで大容量HDDからゲームが高速起動
By PCwatch

その他部品については以下をどうぞ!
– RAM
CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16
– CPU
INTEL インテル CPU Corei7-9700K INTEL300シリーズ Chipsetマザーボード対応 BX80684I79700K【BOX】
– CPUグリス
AINEX シルバーグリス [AS-05]
– CPUファン
サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
– マザボ
MSI MPG Z390 GAMING PLUS ATX ゲーミングマザーボード [Intel Z390チップセット搭載] MB4616
– HDD
Seagate BarraCuda 4TB【 2年保証 】正規代理店 3.5インチ HDD 内蔵 ハードディスク SATA 6Gb/s 64GB 5400rpm デスクトップPC向け
– Optane
MEMPEK1W032GAXT [Optane メモリー (32GB、M.2 80mm PCIe 3.0、20 nm、3D Xpoint)]
– 電源
玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源 KRPW-AK750W/88+
– OS
Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用(最新) 32bit/64bit 日本語版|パッケージ版
– PCケース
ZALMAN 【ATX対応】 ミドルタワーPCケース高い冷却性能と拡張性を実現した Z9 Neo

「GPUねえじゃん!」と思いますが
GPUはPCIで規格がほぼ変わらないし予算があまりないので下手に安いの買うよりCPUとRAMにお金を突っ込み
ひとまず「GPUは昔のつけてあげるから、お金たまってから最新型買ってね」という形で落ち着きました。

組み立ててみた!

部品到着

パーツ一覧

電源とCPUクーラー

CPU取付

i7-9700Kの開封式!
ありがたや~

i7-9700Kの裏面
神々しいんじゃ~

CPU装着

メモリ取り付け

CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16
16GBx2枚刺しをしたかったけど予算の都合でこちらに。。。無念なり。。。

RAM装着!

電源

特に深く考えずに決めちゃいました。

玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS Silver 750W ATX電源 KRPW-AK750W/88+

Optane開封式!

Optaneの開封式!

サイズ感としては一般的なM.2タイプのSSDより頭1つ分短いぐらいですね
Optaneの性能とやらを見せてもらおうじゃないか

マザーボートの背面ポート類

MSI MPG Z390 GAMING PLUS ATXのポート類
時代はusb type-cなんやなぁ~と常々思う

簡易動作チェック

じゃけん、試しにつないでみましょうね~

ケースの電源ボタンともつなぎまーす

PCケースの前面USBと電源ボタン類のコードをマザーボード側に刺しまーす

どきどきどきどき。。。。

ついた!!

おぉーマザーボード側もLEDがつきましたね~

このデバックライトは便利ですね~
これが役に立つことなく過ごしていたいですね~

画面もばっちりつきました

PCケース

PCケースの右サイド

FANが標準で5つついてます
上部2つ
フロント1つ
バック2つ

PCケースの右サイド

HDD取付

HDDをトレーに組み立てます

ネジなしで取り付けられます

電源やSATAは前面に取り付けます

HDDなどを置く5インチベイ
ネジ無しなのがいいですね~

電源取り付け

ここに電源をいれまーす
電源のエアフローとマザーボード側のエアフローが別なのがいいですね

スポッ!っと入れるとこんな感じ

マザボだけ取り付けてみました

配線類

裏配線はこんな感じになりました
電源の後ろに突っ込めるからだいぶ楽です

配線後の全面
うぅーん汚い
ちなみにUSB3.0のコードはマザボに横に刺すことができたのでそうしました

一通り完了!

一通りのセッティングは完了しました!
CPUクーラーはこのあと~と思ってたらグリス塗るのに夢中で写真撮り忘れてました。。。ごめんなさい。。。!

電源を付けてみた!
LEDがまぶしい。。。!

問題なく動作しました!

かっこいいファイス
前面の5インチべいは現地でDVDドライブとメモリースロットをはめ込む予定です

サイドが一部透明になってます
正直、LEDなんてまぶしいだけで寝室に置けなくなっちゃうのでオミットされた奴が欲しいです

作業の横で寝言かきながら熟睡。。。

古いPCからはぎ取ります

現地にて古いPCからGPUとDVDドライブを採取している図
※撮影:友人

妖怪のせい?

旧PCからカードリーダーを移している最中
なぜかカラカラ音が鳴る。。。?BTOの人がネジとかをまとめて入れてくれたのかな。。。?

ひとまず開けてみる。パカッ。。。!

なんと、100円玉と1円玉が入ってました
その家には隙間があると小銭を入れてしまう妖怪貯金娘がいるらしい
※後ろで妖怪娘が怒られてたのはまた別のお話。。。

完成

現地にて組み立て完了!
※撮影:友人

その他

組み立て自体は本当に簡単でした。
3時間もかからなかったと思います。

ただOSのインストール中に誤って電源ボタンを押してしまいインストールメディアが破損したのはここだけの話。。。
※別途USB買ってきてWin10のインストールメディアを作成して事なきを得ました

パーツ選びの中で感じたことといえばLEDとかがオミットされたパーツがなかなかないんですね~
LEDでピカピカしていると寝室に置けなくなるので僕的にはやめてほしい。。。
あとPCケースも透明な場所がないケースを本当は探していたんですがいいものがなかったのでこれに妥協しちゃいました。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする